開発秘話

インターセプター11は、ある偶然をきっかけに誕生をしました。
担当者が、とあるレンタルボート&昇降スロープを訪問したときの ことです。
そこの管理人であるSさんと話していると、 レンタルボートでの使用に耐えられる免許不要サイズの ボートが無いのだと・・・・

詳しく尋ねると、「免許不要サイズは、第一にカートップなど 運搬を前提に作られているので、軽くするため肉厚が薄く、 レンタルで使うとすぐに痛んでしまう。
また幅も狭く、不安定で、特にこの免許不要サイズを借りて いただくお客様はボートに不慣れな方もたまにおられる のに、グラグラするので、心配でたまらない。
もっと耐久性のある、ゆれない免許不要ボートは無いものか?」 担当者が会議で、Sさんから聞いたその話をしたとき、私達は 感想は「意外である」というものでした。
すでに、多くのレンタルボート店では免許不要ボートが 浮かんでいて、多くのバザーの方が毎日のようにレンタルしている。 そこでまず、いろいろなレンタルボート店を訪問し、リサーチを始めました。

私達が聞いたのは、大変意外なお話でありました。
あるお店で聞いたのは「免許をお持ちで無い方はボートに不慣れな 方も多いので、両手にタックルボックスとロッドを持ったまま、 ピョンと飛び乗って・・・
でも幅が低いでしょ、だめっと注意するまもなく 桟橋でボートごとひっくり返って、ドボンでした。
お客さんが乗るので、2馬力も掛かっていて暖気状態でひっくり返って・・・ エンジンもウォーターハンマーでパーでした・・・
お客さんもかわいそうですが、なぜ飛び乗ったと聞いても、「そんなに 安定が悪いとは思わなかったと・・・・」

このご意見は他のお店でも以外に多く、バスフィッシング = 中腰で キャストできるという先入観で、幅の狭いボートでも立ってしまうのでは? というお話も聞きました。
耐久性に関するお話も多く、中には流木に衝突しただけで 船体が大きく破損して、カートップボートの薄さを知ったとか、 中には座席以外の部分を踏むと「ボコッ」とへこむので、 びっくりしているといったお話もありました。
合わせてエンドユーザー様のご意見も積極的に収集するように しましたが、北海道でのレイクトローリングのご意見でも、 安定性の良いボートがほしいといった内容があったりしました。
ライブウェル(イケス)が付いているものが少なく、お客さんが バスを釣っても桟橋まで持って帰ってきにくいが、小さいボートなので 仕方が無いね、といったお話がありました。

お店の宣伝に欠かせない釣果写真が写せないと・・・・ 雨の多い地方では、カートップタイプの免許不要ボートは 自動排水ではないので、夜中の大雨が心配なので、係留保管が やりにくい。オートビルジなどつけているが、メンテナンスも大変だとか・・・

そこで私達は、開発を決定し、レンタルボート店を運営するプロのみなさまの ご意見をもっとたくさんいただくことにしました。 レンタルボートは、長く使えれば使えるほど助かります。 でも、ボートは桟橋に係留したまま保管される場合も多く、ボート同士の 衝突は常識です。
我々は迷うことなく、11ft艇では少数派ですが、アルミガンネルを採用しました。 トンネルハル、カタマランハル、トリマランハル、いろいろなボトム形状が 候補に挙がりました。
でも、中にはトレーラーで毎回昇降をしているレンタルボート店様がおられ、 モノハル形状で開発することが決定しました。 この形状は流木や漂流物を左右に掻き分ける効果もあるので、 最後部の2馬力エンジンのプロペラに異物がぶつかるのを 低減させる効果も期待できます。
またモノハル形状であるトレーラーの乗せやすさは、一般ユーザーさまが 購入される場合のことも考えてのことです。
モノハル形状に決まった後の、ボトムの細かな角度は、プロトタイプを何艇も 作成し、実際に浮かべて、1人で乗ったり、2人で乗ったり、2馬力や エレキで走行したり、何度もテストし、決定しました。
ほんの少しの角度の変化で安定性が違うので、私達スタッフは たくさんの時間をテストに使いました。
12ftや14ftの開発のときよりシビアだと思ったスタッフも いたぐらいです。

約1年を使って、インターセプター11は出来上がりました。 現在、多くのレンタルボート店様に採用をしていただいております。 最後に、きっかけとなったSさんには、後日談があります。

月日は流れて・・・
「〇×誌の取材の事前TELで、記者が〇月▲日はインターセプターは空いてるかって、 聞いてきて、予約で埋まっていると、取材日を変更するって言って・・・・・ 一度取材で使って、大変気に入ったらしいよ・・・・」 数あるレンタル艇のなかでも、儲け頭になっているとのことでした。

SIDE MENU

MAKER

CONTACT

Email Us

株式会社 宮三商会
〒721-0915
広島県福山市伊勢丘7丁目35-6
Tel:(084)947-9748
Fax:(084) 947-9749

Copyright © 2012. All Rights Reserved.